ライブコマースのメリットを解説!ECサービスの未来が変わる?!

カテゴリ:レポート

公開日:2020-12-27


 

ECサービスの常識や未来を変える販売手法、「ライブコマース」が注目を浴びています。

従来のECサービスは、お客さまの検索や視聴に対する答えとしてコンテンツを配信していました。多くのお客さまを24時間365日休むことなく接客できて、モノやサービスを効率的に販売できました。

ただ、従来のECサービスでは、お客さまの疑問や悩みに応えきれなかったり、購入に至る前にお客さまのモチベーションが途絶えてしまうことも多く、コンバージョン率の向上にも限界がありました。

こうした従来のECサービスの弱点を解消できるのが「ライブコマース」です。

ライブコマースとは?

ライブコマースとは、オンラインのライブ配信で視聴者に商品やサービスを紹介して、その場で購入してもらう販売手法です。ECサービスの特性を最大限に活かせ、企業でも個人でも参入できるビジネスです。多くの視聴者を獲得出れば、商品やサービスを販売するより多くのチャンスが生まれます。

また、ライブ配信によるリアル感が視聴者の購買意欲を掻き立てます。チャットで質問やコメントができるため、疑問や悩みが解消され、購買へと一気に気持ちが盛り上がります。
限定商品だったり、在庫がわずかになってくると視聴者は焦りを感じて、ますます購買意欲が掻き立てられます。

ライブコマースは今後の成長が期待されている次世代のマーケティング手法です。

なぜなら、視聴者にとってはライブコマースのリアルタイム性や、従来のECサービスには無い体験が非常に楽しく、販売元やメーカーは一気に売り上げを伸ばせるチャンスがあるからです。

ライブコマースのメリット

ライブコマースのメリットは、やり方次第で爆発的に売り上げを伸ばすことができるという点です。
ライブコマースの最先端である中国では、たった1回のライブ配信で数千万円もの売上を記録することも珍しくありません。

ライブコマースでは、視聴者、販売元やメーカー、そして芸能人やKOL(Key Opinion Leader)と言われるインフルエンサーが存在します。

ライブコマースの難しさは集客です。モノやサービスを提供したい販売元やメーカーは、たくさんの集客をする必要があります。
そこで芸能人やKOL(インフルエンサー)を使って集客する手法もあります。

ライブコマースに登場する人たちには、それぞれに大きなメリットがあります。

以下にメリットをまとめましたので、確認してみましょう。

ライブコマースでは、視聴者の獲得が非常に重要なため、販売元やメーカーが独自に集客をするよりも、芸能人やKOL(インフルエンサー)を起用することが多くなっています。

ライブコマースは視聴者にも、販売元やメーカーにも、芸能人やKOL(インフルエンサー)にも、それぞれにメリットがあり、新しい時代のニーズにマッチした注目の販売手法なのです。

ライブコマースが注目される理由

ライブコマースは、

・多業種で取り入れやすい

・始めている企業多数

・商品の価値+人の温かみのある接客が伝わりやすい

 

という理由から、ライブコマースを導入する企業が増えています。

商品やサービスをリアルタイム配信で紹介するライブコマースは、さまざまな業種において取り入れることができます。そのため、ライブコマースを始める企業が増えてきています。

視聴者とインタラクティブにつながるライブコマースは、商品の価値が伝わりやすく、温かみのある接客を感じてもらったり、視聴者と一体感を共有したりできます。

ライブコマースは、従来のECサービスにはない特性があるため、非常に注目されているのです。

ライブコマースでは集客と発信力が重要

ライブコマースでは集客と発信力が重要です。
そのため、芸能人やKOL(インフルエンサー)を起用するケースもありますが、店舗のスタッフや責任者が配信を行うケースも増えています。

なじみのある店員や責任者が配信することで、親近感や信頼感を演出することができるというメリットがあります。まるで店舗で直接接客しているようなきめ細かい対応がネット上でできるというメリットは、ライブコマースならではです。

一方で、芸能人やKOLを使わない場合は集客力が弱いために、大きな売上が期待できないというデメリットもあります。

ライブコマースで達成したいKPIによって、配信者の使い分けは必要になってきます。

自社で配信するメリットは、視聴者の反応や声を直接受けられることです。このメリットをうまく活かせれば、ライブコマース自体で大きく売り上げを伸ばすことができなくても、商品やサービスそのもののメリットや価値を伸ばすヒントを視聴者から得られるかもしれません。

ライブコマースを通じたリアリティのあるマーケティングにより、顧客に評価される強い商品やサービスとなり、結果的に大きな売り上げにつなげていく可能性もあります。

ライブコマースにはさまざまなメリットがありますが、すべては集客と発信力があってこそです。集客がまったくできなければ、ライブ配信をしても意味がありません。集客ができたとしても、視聴者に届かない発信をしていては成果に結びつきません。

ライブコマースでは、集客と発信力が重要となります。

これからのECサービスに必要なものとライブコマースが選ばれる理由

ライブコマースは新しい販売手法です。他にもまだまだ未知のメリットがあるかもしれません。
そしてこれからのECサービスには、ライブコマースに対応していくことが求められます。

これからのECサービスに必要なもの

これからのECサービスに必要なものは、

・ライブコマースのノウハウ

・継続的な改善を行う努力

・ユーザーの声を真摯に受け入れる姿勢

 

ライブコマースにより、視聴者とのリアルな接触が増えることになります。これは非常に大きなメリットではありますが、そのメリットを活かせなければ商品やサービスを良くしていく機会を失います。そればかりか、市場の競争に落ちこぼれていく危険性すらあります。

ユーザーのリアルな声に耳を傾けて、出来る改善は素早く対応し、満足することのない絶え間ない努力が、これからのECサービスにはますます求められることでしょう。

ライブコマースが選ばれる理由

ライブコマースが選ばれる理由は、

・リアルタイム性による信頼感、安心感、爆発力

・視聴者と配信者との一体感

・大きな売上が期待できる

・ファンを増やしたり、視聴者の声が聞ける

 

こうした今までにないマーケティングのメリットがあるため、ライブコマースは選ばれています。企業のKPIとしては、売上のアップやファンや視聴者の声の獲得などが考えられます。

自社でライブコマースを取り入れる場合には、

✓何をゴールに設定するのか?

✓目標達成をやり切れる社内体制が取れるのか?

✓失敗を恐れずに継続できるのか?

 

ライブコマースの担当者だけでなく、経営者や事業責任者にもライブコマースをやり切る覚悟が必要です。
新しいことに前向きにチャレンジできる風土さえあれば、ライブコマースを自社の商品やサービスに活用し、自社のマーケティング手法のひとつとして定着させることができるでしょう。

まとめ ライブコマースのメリットとは?

本記事ではライブコマースのメリットについて解説しました。

ライブコマースの最大のメリットは、

・やり方次第で爆発的に売り上げを伸ばすことができる

 

ということです。
その他にも、

・視聴者のリアルな声を聞くことができる

・いろいろな業種で取り入れやすい

・商品の価値や人の温かみが伝わりやすい

 

ライブコマースには、以上のようなメリットがあることがわかりました。

これからの時代は5G、AI、VRなどの新しい技術革新がITをますます発展させていきます。こうした技術革新によって、ライブコマースが爆発的に日本市場にも浸透していく可能性に満ちています。

ライバル他社よりも一歩先行く対策を取るには、ライブコマースは重要な取り組みと言えます。自社の強みのひとつとして、ライブコマースによるマーケティング手法を確立してみてはいかがでしょうか?

ライブコマースを取り入れることで、大きなビジネスチャンスが拡がるのです。

この記事を読んだ人はこのコラムも読んでいます


最新のコラム


ライブコマースのメリットを解説!ECサービスの未来が変わる?!

カテゴリ:レポート

公開日:2020-12-27



 

ECサービスの常識や未来を変える販売手法、「ライブコマース」が注目を浴びています。

従来のECサービスは、お客さまの検索や視聴に対する答えとしてコンテンツを配信していました。多くのお客さまを24時間365日休むことなく接客できて、モノやサービスを効率的に販売できました。

ただ、従来のECサービスでは、お客さまの疑問や悩みに応えきれなかったり、購入に至る前にお客さまのモチベーションが途絶えてしまうことも多く、コンバージョン率の向上にも限界がありました。

こうした従来のECサービスの弱点を解消できるのが「ライブコマース」です。

ライブコマースとは?

ライブコマースとは、オンラインのライブ配信で視聴者に商品やサービスを紹介して、その場で購入してもらう販売手法です。ECサービスの特性を最大限に活かせ、企業でも個人でも参入できるビジネスです。多くの視聴者を獲得出れば、商品やサービスを販売するより多くのチャンスが生まれます。

また、ライブ配信によるリアル感が視聴者の購買意欲を掻き立てます。チャットで質問やコメントができるため、疑問や悩みが解消され、購買へと一気に気持ちが盛り上がります。
限定商品だったり、在庫がわずかになってくると視聴者は焦りを感じて、ますます購買意欲が掻き立てられます。

ライブコマースは今後の成長が期待されている次世代のマーケティング手法です。

なぜなら、視聴者にとってはライブコマースのリアルタイム性や、従来のECサービスには無い体験が非常に楽しく、販売元やメーカーは一気に売り上げを伸ばせるチャンスがあるからです。

ライブコマースのメリット

ライブコマースのメリットは、やり方次第で爆発的に売り上げを伸ばすことができるという点です。
ライブコマースの最先端である中国では、たった1回のライブ配信で数千万円もの売上を記録することも珍しくありません。

ライブコマースでは、視聴者、販売元やメーカー、そして芸能人やKOL(Key Opinion Leader)と言われるインフルエンサーが存在します。

ライブコマースの難しさは集客です。モノやサービスを提供したい販売元やメーカーは、たくさんの集客をする必要があります。
そこで芸能人やKOL(インフルエンサー)を使って集客する手法もあります。

ライブコマースに登場する人たちには、それぞれに大きなメリットがあります。

以下にメリットをまとめましたので、確認してみましょう。

ライブコマースでは、視聴者の獲得が非常に重要なため、販売元やメーカーが独自に集客をするよりも、芸能人やKOL(インフルエンサー)を起用することが多くなっています。

ライブコマースは視聴者にも、販売元やメーカーにも、芸能人やKOL(インフルエンサー)にも、それぞれにメリットがあり、新しい時代のニーズにマッチした注目の販売手法なのです。

ライブコマースが注目される理由

ライブコマースは、

・多業種で取り入れやすい

・始めている企業多数

・商品の価値+人の温かみのある接客が伝わりやすい

 

という理由から、ライブコマースを導入する企業が増えています。

商品やサービスをリアルタイム配信で紹介するライブコマースは、さまざまな業種において取り入れることができます。そのため、ライブコマースを始める企業が増えてきています。

視聴者とインタラクティブにつながるライブコマースは、商品の価値が伝わりやすく、温かみのある接客を感じてもらったり、視聴者と一体感を共有したりできます。

ライブコマースは、従来のECサービスにはない特性があるため、非常に注目されているのです。

ライブコマースでは集客と発信力が重要

ライブコマースでは集客と発信力が重要です。
そのため、芸能人やKOL(インフルエンサー)を起用するケースもありますが、店舗のスタッフや責任者が配信を行うケースも増えています。

なじみのある店員や責任者が配信することで、親近感や信頼感を演出することができるというメリットがあります。まるで店舗で直接接客しているようなきめ細かい対応がネット上でできるというメリットは、ライブコマースならではです。

一方で、芸能人やKOLを使わない場合は集客力が弱いために、大きな売上が期待できないというデメリットもあります。

ライブコマースで達成したいKPIによって、配信者の使い分けは必要になってきます。

自社で配信するメリットは、視聴者の反応や声を直接受けられることです。このメリットをうまく活かせれば、ライブコマース自体で大きく売り上げを伸ばすことができなくても、商品やサービスそのもののメリットや価値を伸ばすヒントを視聴者から得られるかもしれません。

ライブコマースを通じたリアリティのあるマーケティングにより、顧客に評価される強い商品やサービスとなり、結果的に大きな売り上げにつなげていく可能性もあります。

ライブコマースにはさまざまなメリットがありますが、すべては集客と発信力があってこそです。集客がまったくできなければ、ライブ配信をしても意味がありません。集客ができたとしても、視聴者に届かない発信をしていては成果に結びつきません。

ライブコマースでは、集客と発信力が重要となります。

これからのECサービスに必要なものとライブコマースが選ばれる理由

ライブコマースは新しい販売手法です。他にもまだまだ未知のメリットがあるかもしれません。
そしてこれからのECサービスには、ライブコマースに対応していくことが求められます。

これからのECサービスに必要なもの

これからのECサービスに必要なものは、

・ライブコマースのノウハウ

・継続的な改善を行う努力

・ユーザーの声を真摯に受け入れる姿勢

 

ライブコマースにより、視聴者とのリアルな接触が増えることになります。これは非常に大きなメリットではありますが、そのメリットを活かせなければ商品やサービスを良くしていく機会を失います。そればかりか、市場の競争に落ちこぼれていく危険性すらあります。

ユーザーのリアルな声に耳を傾けて、出来る改善は素早く対応し、満足することのない絶え間ない努力が、これからのECサービスにはますます求められることでしょう。

ライブコマースが選ばれる理由

ライブコマースが選ばれる理由は、

・リアルタイム性による信頼感、安心感、爆発力

・視聴者と配信者との一体感

・大きな売上が期待できる

・ファンを増やしたり、視聴者の声が聞ける

 

こうした今までにないマーケティングのメリットがあるため、ライブコマースは選ばれています。企業のKPIとしては、売上のアップやファンや視聴者の声の獲得などが考えられます。

自社でライブコマースを取り入れる場合には、

✓何をゴールに設定するのか?

✓目標達成をやり切れる社内体制が取れるのか?

✓失敗を恐れずに継続できるのか?

 

ライブコマースの担当者だけでなく、経営者や事業責任者にもライブコマースをやり切る覚悟が必要です。
新しいことに前向きにチャレンジできる風土さえあれば、ライブコマースを自社の商品やサービスに活用し、自社のマーケティング手法のひとつとして定着させることができるでしょう。

まとめ ライブコマースのメリットとは?

本記事ではライブコマースのメリットについて解説しました。

ライブコマースの最大のメリットは、

・やり方次第で爆発的に売り上げを伸ばすことができる

 

ということです。
その他にも、

・視聴者のリアルな声を聞くことができる

・いろいろな業種で取り入れやすい

・商品の価値や人の温かみが伝わりやすい

 

ライブコマースには、以上のようなメリットがあることがわかりました。

これからの時代は5G、AI、VRなどの新しい技術革新がITをますます発展させていきます。こうした技術革新によって、ライブコマースが爆発的に日本市場にも浸透していく可能性に満ちています。

ライバル他社よりも一歩先行く対策を取るには、ライブコマースは重要な取り組みと言えます。自社の強みのひとつとして、ライブコマースによるマーケティング手法を確立してみてはいかがでしょうか?

ライブコマースを取り入れることで、大きなビジネスチャンスが拡がるのです。