【2021年最新版】ライブコマースのサービスをまとめました

カテゴリ:レポート

公開日:2021-03-12


 

 

コロナ禍においてライブコマースの可能性が注目されています。特に対面で販売をしていた店舗では、外出の規制や営業時間の短縮で売上が急減している状況です。

 

しかし、そんな中でも出来ることを頑張っている企業もたくさんあります。コロナ禍でもできることの一つとして、オンラインで顧客とコミュニケーションを取りながら販売につなげることができるライブコマースが注目されているのです。



【ライブコマースが人気!】2020-2021最新事例を5つ紹介『コロナに負けるな!』



今回は2021年最新版としてライブコマースを提供する主なサービスをまとめました。

 

ライブコマースのプラットフォームを提供する企業はたくさんありますので、自社にあったライブコマースの形を見つけるために、ぜひ参考にしてください。

 

2021年最新版『ライブコマース』サービスのまとめ

 



最新のライブコマースを提供するサービスをまとめました。各サービスでさまざまな特徴がありますので、比較表にしてあります。

 

興味のあるサービスが見つかったら、お問い合わせをしてライブコマースの相談をしてみましょう!



サービス名

形式

強み・特徴

Peace You Live

モール型

・日本で唯一のオークションが楽しめるライブコマースサービス

・誰でも気軽にライブ配信でライブコマーができるアプリ
・『ライブ配信』と『物販』の組み合わせを可能にしました。

楽天ライブ

モール型

・スマホ1台で誰でも簡単に無料でライブ配信・視聴が楽しめる

・楽天ライブが主催するイベントやキャンペーンが活発。

・ライブコマース機能は、楽天グループの各種サービスと連携。

HandsUP

モール型

・スマホ一つで簡単にライブ配信で販売ができる。

・複数のSNSに同時配信可能。

・17LIVE(イチナナ )が運営母体。

・ライブ配信画面上から簡単に商品を購入することができます。

ONPAMALL

モール型

・まるでお店にいるような体験ができるプラットフォーム。

・ブランドスタッフの想いやブランドの価値を伝えられる。

・リアルなコミュニケーションを楽しめるサービスを提供します。

・アーカイブ動画が多数あり。

ライコマ

(API型)

・既存サイトに埋め込みが可能なAPI型。

・別途、集客から配信、分析までをサポートするサービスあり。

・ストリーミングサーバー費が別に必要。

LiveKit

(API型)

・自社で運用しているECサイトで、ライブ配信ができる。

・URLを共有するだけで、アプリDLが不要。

・ボタン一つで簡単に配信ができ、複雑な操作は不要。

・投げ銭機能もあり。

・別途ご契約で、インフルエンサーもご提案できます。

TAGsAPI

(API型)

・ECサイトに数行のコードを書き加えるだけで実装が可能。

・専任コンサルタントがライブコマース実施までサポート。

・予備知識がなくても始められることが特徴。

・有名企業の実績が多数。

ライブゲート

独自アプリ制作支援型


・貴社独自のライブコマースアプリを作成することが可能。

開発費を抑え、開発期間を短縮できる

・オススメ商品をリアルタイムで表示できる。

購買への導線が確立され、スムーズに購入できる



ライブコマースサービスの比較表について

 

 

 

サービス名について

 

各社が提供するサービス名を記載しています。

 

サービス名をクリックすると、各社の公式サイトでより詳しい情報が確認できます。

 

形式について

 

形式は、ライブコマースサービスの提供形態を示しています。

 

モール型

 

モール型は、既存のECサイトを使ってライブコマースができるサービスです。手軽に始められる反面、自社独自の雰囲気を醸し出しにくく、欲しい機能が足りなかったりする場合があります。

 

個人が楽しむのには最適なサービスですが、企業アカウントだと使いにくいかもしれません。



API型

 

API型は、自社のECサイトに組み込みができるサービスです。自社のECサイトを活用でき、ライブコマースに必要なさまざまな機能や集計、分析がパッケージ化されています。開発費を抑えつつも、自社のオリジナリティを活かせ、導入もスムーズに行えます。

 

その反面、自社ならではの実現したい機能が組み込めなかったり、そもそもECサイトなどのインフラを持ち合わせている必要もあります。



独自アプリ制作支援型

 

独自アプリ制作支援型は、自社のオリジナルのライブコマースプラットフォームを構築することが可能です。ロゴや雰囲気などもカスタマイズできつつも、ライブコマースに必要な機能や決済システムも利用できます。

 

ECサイトにリンクで飛ばすのではなく、アプリ内で購入まで完結できるので、離脱を防いで高い購入率を実現することができます。

 

強みや特徴について

 

強みや特徴については、各社が提供している情報を箇条書きでまとめました。各サービスの違いを簡単にまとめていますので、気になるサービスにはお問い合わせをしてみましょう。



ライブコマースが発達するのはまさにこれから!

 

 

 

スマホの通信料が値下げされるとともに、通信できるパケット量も増大する予定です。5Gの環境も徐々に整ってきました。

 

VRや4K配信も一般に浸透しつつあります。まさにライブコマースの環境が整いつつあるのです。

 

ライブコマースの魅力は人と人をリアルタイムで、そしてインタラクティブにつなぐことです。そこには大きなビジネスチャンスの可能性があります。

 

コロナ禍では、多くの人が買い物を楽しめなくなりました。名だたるファッションブランドや百貨店でさえも、売上の急減に苦しんでいます。

 

一方で、インターネットを活用したり、在宅で楽しめたりするビジネスは、ますます活況を呈しています。コロナ禍においても、過去最大の利益をたたき出す企業も多いのです。

 

ピンチはチャンスです。ライブコマースを自社のビジネスにどう活かせるのか?この機会に本気で検討してみませんか?



以上、【2021年最新版】ライブコマースのサービスをまとめました!でした。




この記事を読んだ人はこのコラムも読んでいます


最新のコラム


【2021年最新版】ライブコマースのサービスをまとめました

カテゴリ:レポート

公開日:2021-03-12



 

 

コロナ禍においてライブコマースの可能性が注目されています。特に対面で販売をしていた店舗では、外出の規制や営業時間の短縮で売上が急減している状況です。

 

しかし、そんな中でも出来ることを頑張っている企業もたくさんあります。コロナ禍でもできることの一つとして、オンラインで顧客とコミュニケーションを取りながら販売につなげることができるライブコマースが注目されているのです。



【ライブコマースが人気!】2020-2021最新事例を5つ紹介『コロナに負けるな!』



今回は2021年最新版としてライブコマースを提供する主なサービスをまとめました。

 

ライブコマースのプラットフォームを提供する企業はたくさんありますので、自社にあったライブコマースの形を見つけるために、ぜひ参考にしてください。

 

2021年最新版『ライブコマース』サービスのまとめ

 



最新のライブコマースを提供するサービスをまとめました。各サービスでさまざまな特徴がありますので、比較表にしてあります。

 

興味のあるサービスが見つかったら、お問い合わせをしてライブコマースの相談をしてみましょう!



サービス名

形式

強み・特徴

Peace You Live

モール型

・日本で唯一のオークションが楽しめるライブコマースサービス

・誰でも気軽にライブ配信でライブコマーができるアプリ
・『ライブ配信』と『物販』の組み合わせを可能にしました。

楽天ライブ

モール型

・スマホ1台で誰でも簡単に無料でライブ配信・視聴が楽しめる

・楽天ライブが主催するイベントやキャンペーンが活発。

・ライブコマース機能は、楽天グループの各種サービスと連携。

HandsUP

モール型

・スマホ一つで簡単にライブ配信で販売ができる。

・複数のSNSに同時配信可能。

・17LIVE(イチナナ )が運営母体。

・ライブ配信画面上から簡単に商品を購入することができます。

ONPAMALL

モール型

・まるでお店にいるような体験ができるプラットフォーム。

・ブランドスタッフの想いやブランドの価値を伝えられる。

・リアルなコミュニケーションを楽しめるサービスを提供します。

・アーカイブ動画が多数あり。

ライコマ

(API型)

・既存サイトに埋め込みが可能なAPI型。

・別途、集客から配信、分析までをサポートするサービスあり。

・ストリーミングサーバー費が別に必要。

LiveKit

(API型)

・自社で運用しているECサイトで、ライブ配信ができる。

・URLを共有するだけで、アプリDLが不要。

・ボタン一つで簡単に配信ができ、複雑な操作は不要。

・投げ銭機能もあり。

・別途ご契約で、インフルエンサーもご提案できます。

TAGsAPI

(API型)

・ECサイトに数行のコードを書き加えるだけで実装が可能。

・専任コンサルタントがライブコマース実施までサポート。

・予備知識がなくても始められることが特徴。

・有名企業の実績が多数。

ライブゲート

独自アプリ制作支援型


・貴社独自のライブコマースアプリを作成することが可能。

開発費を抑え、開発期間を短縮できる

・オススメ商品をリアルタイムで表示できる。

購買への導線が確立され、スムーズに購入できる



ライブコマースサービスの比較表について

 

 

 

サービス名について

 

各社が提供するサービス名を記載しています。

 

サービス名をクリックすると、各社の公式サイトでより詳しい情報が確認できます。

 

形式について

 

形式は、ライブコマースサービスの提供形態を示しています。

 

モール型

 

モール型は、既存のECサイトを使ってライブコマースができるサービスです。手軽に始められる反面、自社独自の雰囲気を醸し出しにくく、欲しい機能が足りなかったりする場合があります。

 

個人が楽しむのには最適なサービスですが、企業アカウントだと使いにくいかもしれません。



API型

 

API型は、自社のECサイトに組み込みができるサービスです。自社のECサイトを活用でき、ライブコマースに必要なさまざまな機能や集計、分析がパッケージ化されています。開発費を抑えつつも、自社のオリジナリティを活かせ、導入もスムーズに行えます。

 

その反面、自社ならではの実現したい機能が組み込めなかったり、そもそもECサイトなどのインフラを持ち合わせている必要もあります。



独自アプリ制作支援型

 

独自アプリ制作支援型は、自社のオリジナルのライブコマースプラットフォームを構築することが可能です。ロゴや雰囲気などもカスタマイズできつつも、ライブコマースに必要な機能や決済システムも利用できます。

 

ECサイトにリンクで飛ばすのではなく、アプリ内で購入まで完結できるので、離脱を防いで高い購入率を実現することができます。

 

強みや特徴について

 

強みや特徴については、各社が提供している情報を箇条書きでまとめました。各サービスの違いを簡単にまとめていますので、気になるサービスにはお問い合わせをしてみましょう。



ライブコマースが発達するのはまさにこれから!

 

 

 

スマホの通信料が値下げされるとともに、通信できるパケット量も増大する予定です。5Gの環境も徐々に整ってきました。

 

VRや4K配信も一般に浸透しつつあります。まさにライブコマースの環境が整いつつあるのです。

 

ライブコマースの魅力は人と人をリアルタイムで、そしてインタラクティブにつなぐことです。そこには大きなビジネスチャンスの可能性があります。

 

コロナ禍では、多くの人が買い物を楽しめなくなりました。名だたるファッションブランドや百貨店でさえも、売上の急減に苦しんでいます。

 

一方で、インターネットを活用したり、在宅で楽しめたりするビジネスは、ますます活況を呈しています。コロナ禍においても、過去最大の利益をたたき出す企業も多いのです。

 

ピンチはチャンスです。ライブコマースを自社のビジネスにどう活かせるのか?この機会に本気で検討してみませんか?



以上、【2021年最新版】ライブコマースのサービスをまとめました!でした。